七五三の着物をレンタルしてお宮参りに行くなら~七五三の歴史~

なぜ行われるの?七五三の歴史

なぜ行われるの?七五三の歴史

七五三は子供の成長を祝うために行われるもので、近くの神社にお宮参りに行くのが一般的です。お宮参りに行く際には、着物(晴れ着)を着ます。三歳の男の子・女の子、五歳の男の子、七歳の女の子が七五三のお祝いをします。七五三は元々儀式としており、三歳は髪置きの儀式・五歳は袴着の儀式・七歳は帯解きの儀式として行われてきました。

さらに、様々な説がありますが、昔は生まれた子供は七歳を過ぎるまで戸籍の登録が行われていなかったそうです。それは、「七歳になるまでの子供は神の子」と言われるほど、七歳まで元気でいられる子供が少なかったことが関係していました。七五三は、三歳・五歳・七歳まで健康に育ったことへの感謝やこれからの健康を祈るために、神社にお宮参りに行ってお祈りをする歴史があります。

また、七五三を祝うのは11月15日と決まっていました。しかし、時間が経つにつれて現在では11月15日だけではなく、10月・11月もお宮参りが行えるようになっております。

七五三の着物をお宮参りで着るなら【杜灯草庵 晏花】へ

七五三の着物をお宮参りで着るなら【杜灯草庵 晏花】へ

七五三の着物をお宮参りで着るのでしたら、【杜灯草庵 晏花】へお問い合わせください。【杜灯草庵 晏花】でご用意している着物は、メーカーから直接仕入れております。

そのため、「記念になる日だから上質なものがいいけど、値段はできるだけおさえたい!」という方に安心価格の着物を取り扱っております。着物でお宮参りに行くのでしたら、是非【杜灯草庵 晏花】でお気に入りの着物をお探しください。

七五三の着物をレンタルするなら【杜灯草庵 晏花】のご利用を

七五三の着物をレンタルするのでしたら、【杜灯草庵 晏花】をご利用ください。【杜灯草庵 晏花】では、上質な着物をご用意しております。七五三の一度だけ着る予定の方は、購入ももちろん良いですがレンタルもおすすめです。着物の魅力を多くの方に「お伝えしたい」と考えておりますので、上質な着物をお探しの方はいつでも【杜灯草庵 晏花】の着物をお選びください。

コンテンツ一覧

七五三で着物のレンタルをお考えなら【杜灯草庵 晏花】

名前 杜灯草庵 晏花(はるか)
住所 〒422-8042 静岡市駿河区石田3-10-33
TEL 054-286-7557
URL http://www.wafuku.co.jp