着物のご案内

一口に「着物」といっても、留袖や振袖、訪問着、小紋など、その種類はさまざま。
また、形はほとんど同じでも、柄や紋の数によって格式が決められています。
TPOを守りつつ、色や柄、組み合わせを楽しむのが、着物の着こなし方なのです。

振袖の装い

髪飾り縮緬素材やコサージュ、かんざしなど、種類豊富です。ヘアスタイルや着物に合わせて選びましょう。

肌襦袢の衿に掛ける、付け衿のことです。
着物の衿が汚れないようにするだけでなく、着物の色を引き立たせる役目もあります。
半衿

伊達衿重ね衿とも呼ばれ、色を重ねることで華やかさを演出してくれます。
着物と同色系の濃淡で上品に、また反対色で個性的になります。差し色として、コーディネートしましょう。

帯揚げ背中側で帯枕を包み、前に回して帯の胸元を飾ります。
素材は、搾りや綸子、縮緬が一般的。
振袖や帯に合わせて、コーディネートしてみましょう。

振袖振袖の生地は縮緬、綸子、緞子など光沢のあるものや、地紋に吉祥文様を織り出した紋意匠も多く見られます。
色や柄を選ぶ時には、好みで選ぶのが一番ですが、顔の形や体系に合う色、柄を考慮して、自分に合った振袖を選びましょう。

帯を固定するために用いる紐で、太めの丸組みや幅のある平組みが定番。
パールが付いたものなどもあり、色の種類も豊富です。
帯締め

振袖の色や柄に合わせて、華やかなものを選びましょう。
結んだ形で印象が大きく変わるので、合った結い方を見つけましょう。
帯

正絹製や革製で、華やかな絵柄がほどこされた上品なデザインのものが振袖向きです。
振袖の色や柄が映えるよう、形や質感を合わせましょう。
バッグ

成人式などのフォーマルな場では、白が一般的。
シワが寄ってしまうよりは、やや小さめのサイズを選びましょう。伸縮性があるタイプもあります。
足袋

バッグとセットになっているものがほとんど。
台は、礼装の場合は3段以上、かかとの高さが5センチ前後のものが基本です。自分の足に合った、歩きやすいものを選びましょう。
草履

小物一式肌襦袢・裾よけ・帯枕・帯板・腰紐(4~5本)・三重仮紐・伊達締め(2本)・コーリンベルト・ストッキング

訪問着

色留袖

紬

留袖

第一級の礼装用です。黒地で染め抜きの5つ紋があり、前身ごろの妻下に絵模様を施したものが黒留袖で、ミセス用です。色地に三つ、または一つ紋で絵模様があるのは「色留袖」といいます。

着用シーン親族の結婚式や正式な儀式・式典など

振袖

ミス(未婚女性)が正式な場で着る着物で、袖の長さによって大振袖・中振袖・小振袖があります。

着用シーン一般的によく着用するのは中振袖で、成人式や卒業式、披露宴、卒業式披露宴、パーティー、お見合いなど

訪問着

胸と裾に柄合わせした模様を染めた着物で、ミス・ミセスの区別なく略礼装として着用します。格調の高い古典柄や、豪華なものが多いです。

着用シーン友人の披露宴やパーティー、茶会、会食などのフォーマルな席

付下げ

反物のまま柄付けを行ったもので、衿部分に模様がなく、控えめな柄が特徴です。しかし、出来上がると訪問着と区別がつきにくいほど華やかなものもあります。

着用シーン訪問着ほど改まることのない席や観劇、華美ではないお茶会など、カジュアルなシーン

色無地

一色(黒以外)に染め上げたもので、基本的に柄はありません。一つ紋を付ければ準礼装に、三つ紋以上なら紋のない訪問着よりも格上に、また地味な色に黒帯を合わせれば略式喪服にもなる優れものです。

小紋

普段、オシャレ着として楽しめます。全体に細かい模様をあしらったものが多くいです。

着用シーンお稽古事やデート、ショッピングなど。若い女性なら、セミフォーマル・パーティーにもOK

糸の段階でさまざまな色に染め、その糸を組み合わせて織り上げていく着物です。

着用シーン同級会や結婚式の二次会、観劇、ショッピング、友人との食事など、正式な場所以外はほとんどOK

喪服

黒無地に五つ紋がついた喪の正装です。帯・帯締めなども全て黒で統一しますが、法事などでは地味な色合いの紋付き色無地に黒やグレーの帯を締めます。

着用シーン告別式や通夜などに親族が着用

浴衣

木綿の単衣の着物で、その名の通り「湯上りに着る着物」です。しかし、1枚で着られる手軽さから夏の遊び着としても人気があります。

着用シーン「夏の遊び着」として、夏祭りや縁日、盆踊り、夕涼みなど幅広く

取扱品

着物 留袖 振袖 訪問着 小紋 喪服 色無地 付下げ
フォーマル系袋帯 名古屋帯 シャレ袋帯 名古屋帯
長襦袢 各種取り揃え
小物各種 帯締め 帯揚げ 帯留 バック 草履
その他 足袋 肌着 数珠
レンタル振袖 フルセット

フォトギャラリー

着物の魅力をたくさんの人にお伝えしたいから、お手頃価格にこだわっています。
「上質なものがいいけど、値段はおさえたい!」そんな声にお応えできるのは、メーカーから直接仕入れているから。
安心価格の晏花で、お気に入りの着物をお探しください。